布団のリフォームで無駄を減らす - 羽毛入りの布団をリフォームしてずっと使い続ける

布団のリフォームで無駄を減らす

いままで敷布団だったのが、ベッドに変えたためにマットを使うことになり、いままで使っていたものが不要になったということはありませんか。


捨てるにはもったいないし、第一、大きいものなので捨て方も面倒です。


そんなときは布団をリフォームしてみませんか。
ふとん屋さんの中には、洗濯や打ち返しといったことを行っているところがあります。

打ち返しとは布団の綿を再生することです。
店先にこういった広告がかかれたところでは、リフォームが可能です。

布団のリフォームをご提案いたします。

例えば、敷布団にさらに綿を足して、こたつ用のふとんにすることも可能です。



また、お客様用の座布団を何枚かつくっておくということもできます。


だいたい、ふとん屋さんに相談するとこの綿だとどのくらいのものができるとか、綿に化繊のものを加えることでフワフワ感が出せるとか、生地見本をみせていただき、仕上がりの表地はこんな感じになるとかいろいろと教えてもらえます。

また、作り替えることで綿をきれいにするので、衛生面でもメリットがあります。

もちろん、ベッド用の寝具でも作りかえ可能なものもあります。今は物を捨てるにもお金がかかる時代です。

もし、自分にとって必要なものがあるならリフォームしてみませんか。


リフォームだってもちろんお金がかかりますが、有効利用の達成感はこちらのほうがあります。

近くにリフォームを行う寝具店がないという場合、最近ではネットでも相談にのってくれるところもあるようです。



活用してみるといいでしょう。